コロナに負けるな!〜睡眠①〜

今、コロナ対策として個人でもマスク着用や、手洗うがい、手指消毒に注意して生活の中に浸透してきているのではないでしょうか?

感染リスク回避、拡大防止のために一人一人が気をつけて行動するしかありません。

感染リスクを下げるために必要なこと。

もしも感染しても症状を軽くするために必要なこと。

良質な睡眠をとって免疫力を高めましょう。

今日から取り組める

『良質な睡眠を取る方法』です。

良質な睡眠とは

入眠後90分を深い睡眠にすること

良質な睡眠=入眠後90分を深い睡眠にする

人は1日の1/3は寝ています。

毎日誰でも寝るわけですから、特別なことは必要ありません。

ただ眠りにつく前の行動がポイントになるのです。

それは

寝る90分前に入浴することです。

なぜ90分前がいいのか?

入浴すると体温が上がります。

皮膚温度だけでなく、身体の中(臓器など)深部温度も上がります。

そして人間の機能である恒常性ホメオスタシスの働きで、

一度上がった体温は元の体温に下がり始めます。

これが湯冷めです。

徐々に身体の末端から熱を放出し、体温が元の体温に下がる時間が90分です。

入浴して90分後にベットに入れれば一番良質な睡眠がとれます。

それに加えて

入浴から入眠までの時間はスマホやテレビなどは見ないようにすること

ブルーライトを視覚で感じたり、テレビで情報が入ってきてしまうと

せっかく脳と体が寝るモードになっているにも関わらず、

また日中のように交感神経が優位になり活動的な脳に戻ってしまいます。

こうなると入眠後90分の一番深い眠りが浅くなってしまい、

脳が休まりません。

入眠後90分が最も深い睡眠になりますので、

入浴後のスマホはできるだけ控えた方が

体にも、目にもいいのです。

スマホ片手に寝落ち。は最悪です。

寝たとしても脳が休んでいません。

睡眠は

免疫力アップ

記憶が整理され1日フル稼働で頑張った脳がリセットされる

成長ホルモンの分泌が活発になりアンチエイジングにもつながる

など健康な体を維持するために、

もっと大きくいうと

生きるためにかなり必要なものです。




まとめ



良質な睡眠を取るためには

寝る90分前に入浴する。

入浴後はスマホを見ない。

これが人間の機能を高める最重要課題です。

人間の機能が高まるということは

免疫力が高まり、コロナに負けない体づくりができます。

スポンサーリンク